プロフィール

GAKU

Author:GAKU
バイクは、kawasakiZZR1200
クルマは、SUBARU OUTBACK

人生万事塞翁が馬の毎日です

リンク

このブログをリンクに追加する

Amazon

OUTBACK!!

レガシィブログリンク

ブログ内検索

カテゴリー

グラフ

最近の記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


■ ブログ名:心に通ずる道は胃を通る!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロゼッタストーン解読

この本はかの有名なロゼットストーンに関連して、特にエジプトの古代文字ヒエログリフの解読で有名なシャンポリオンのことについて書かれた本だ。

ロゼッタストーンは説明も必要ないぐらいの有名な遺物だ。簡単に説明を引用する。


ロゼッタ・ストーンは1799年7月15日、ナポレオン・ボナパルトがエジプト遠征を行った際、フランス軍のピエール=フランソワ・ブシャール大尉によってエジプトの港湾都市ロゼッタで発見された。縦114.4cm、横72.3cm、厚さ27.9cm、重量760kg。当初、花崗岩または玄武岩と考えられたが、実際には暗色の花崗閃緑岩からできている。

岩には文字が刻まれており、エジプト語とギリシャ語(コイネー)の2種類の言語で書かれており、3種類の文字で記されていた。エジプト語の神聖文字(ヒエログリフ)と民衆文字(デモティック)、そしてギリシャ文字である。ギリシャ語部分は読むことが出来た。残りの言語の部分も、恐らくギリシャ語と同じことが書かれていると推測された。これは、1822年、ジャン=フランソワ・シャンポリオンによって解読され、この結果を手がかりに、エジプト語の文書も続々と解読されるきっかけとなった。
ロゼッタ・ストーン - Wikipedia




実は僕はシャンポリオンという名前は知っていたけど、どのようにヒエログリフを解読したのかは知らなかった。幼少期から晩年までシャンポリオンがどういう風にエジプト研究に関わったのかがまわりの人物を通してよく分かる本だ。
とにかく実生活で苦労していたシャンポリオンの生活描写がうまい。この人にきちんとした研究環境と生活資金があれば、もっと解明が進んだと思うと残念でならない。

しかし、本の読み方としてはどちらかというとシャンポリオン兄弟とそれを取り囲む味方・ライバルとの物語としてみることがおもしろさの秘訣だろう。

読むと分かるが、弟ジャン=フランソワ・シャンポリオンの才能を認めて信じてそれを全力でサポートした兄、ジャック=ジョゼブの功績も同時にたたえられるべきだろう。

シャンポリオンがヒエログリフを解読できたのは、意味のみ文字である「決定詞」を気づいたことが、キーストーンになっていることを記憶しておこう。



スポンサーサイト