プロフィール

GAKU

Author:GAKU
バイクは、kawasakiZZR1200
クルマは、SUBARU OUTBACK

人生万事塞翁が馬の毎日です

リンク

このブログをリンクに追加する

Amazon

OUTBACK!!

レガシィブログリンク

ブログ内検索

カテゴリー

グラフ

最近の記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


■ ブログ名:心に通ずる道は胃を通る!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一瞬の風になれ

一瞬の風になれ(全3巻セット)
一瞬の風になれ(全3巻セット)佐藤 多佳子

講談社 2007-06
売り上げランキング : 6183

おすすめ平均 star
starこんな青春が送りたかった…
starジャージを買いました。
starひかってます!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最近、高校時代の友人と本の貸し借りをしている。その友人から、「これは鉄板!」と強く進められたのが、この三部作である。
読むという行為までゆっくりと気持ちを熟成させていくのが、僕のやり方で、たいがい読み始めると最後まで1日程度で読んでしまう。この全三巻もたしか3~4時間ぐらいだったか。

それにしても人物に惹かれてどんどん読み進めてしまった。
高校生という心身ともに成長する時期ってこういうこともあるかもしれないと思わすのが筆者の力だろうな。
主人公の新二は、スラムダンクの桜木花道にちょっと通じるものがあるなあと思ったのは僕だけだろうか。髪の毛の色とか。(黄色と赤色)そのスポーツはやったことないけど、才能の化け物。いや、まあよくある設定といえばそれまでだけど。
ベストセラーになる作品にはどんなものである種のパワーがあるということだろうか。

まさしく青春の一瞬の風を描いた良作。おすすめ。



スポンサーサイト

水曜どうでしょう 藤村・嬉野 本日の日記 2002年7月~2003月3月

水曜どうでしょう公式ホームページの「本日の日記」を購入したのはずいぶん前で、読んだのも前だけど、ちょっと書いておきたいので載せておきます。

内容はどうでしょう藩士だったら、読んでおもしろいのは当たり前。

僕がいいなあと評価したいのは、日記という形態についてです。古来から日記は日本の文学の一分野を構築してきた。古くは、紀貫之の『土佐日記』(これは紀行文のはしりでもある)や、藤原道長の『御堂関白記』なんかも文学ではないが、当時の世相を表したもので後に、国宝になった資料だ。そういう意味で水曜どうでしょうに関しての公式の日記が販売されるのは単純に嬉しい。

どうやら他人の生活に触れるというのは、人によってはたまらない魅力を持つようだ。ちなみに、僕もその一人。他人の人生が透けて見えるって楽しくて仕方がない。

もちろん、自分の日記も好きだ。日常のあれこれをあとで思い出すと懐かしさに浸れる。いいことも悪いことも悲喜こもごもあるけれど、自分だけの人生だからそれがいい。

水曜どうでしょう 本日の日記

ご購入はここで。



【“水曜どうでしょう 藤村・嬉野 本日の日記 2002年7月~2003月3月”の続きを読む】

二輪用無線機とその関連パーツ

二輪用製品で最低必要なスペックとしては、防水であること、対衝撃性能が高いことなどがあげられると思う。たとえば携帯電話などはちまたでは薄型がはやっているが、そんなことより防水・対衝撃機能をバイク乗りの皆さんは追い求めていると思う。(俺だけ?)

さて、本題の無線機STANDARD製FTM-10Sはそれをクリアしている。
しかも、Bluetooth対応。つまり、あの鬱陶しいコードがいらないということになる。

値段ははるがバイクでハムを使うなら理想的な機材だろう。

画像は必要な機材がセットになったタイプで定価は64,800円。


あとこれにPTTスイッチとコードが必要。
BLUE-0004 CT-M11(PTT回路改造済) 4500円
PTTスイッチ(レバー)CPS-150 (KT029) 定価2625円
本体に組み込むBluetoothユニットBU-1税込定価10,800円

あとは大物で、Bluetoothのヘッドホンレシーバー。
 アスカシステムズ 商品番号: BLUE-0002 インターフォン・フルフェイス(セルラーライン製) 29,000 円

どうみても10万円越えますな(苦笑)

参考ページ
FTM-10ページ