プロフィール

GAKU

Author:GAKU
バイクは、kawasakiZZR1200
クルマは、SUBARU OUTBACK

人生万事塞翁が馬の毎日です

リンク

このブログをリンクに追加する

Amazon

OUTBACK!!

レガシィブログリンク

ブログ内検索

カテゴリー

グラフ

最近の記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


■ ブログ名:心に通ずる道は胃を通る!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早出しかし、仕事終わらず

今日は現場で空中写真撮影がある。昼間での現場清掃を終えなくてはいけません。

ということで、始業時間スタートを決断。

もちろん、それより早く技師は現場にいっておかなければ、ならないので、早出なのだ。

無事、風もなく撮影成功。そのあと図面をとっていく。
しかし、おわらん。明日の出勤は確定だ。とほほ。
スポンサーサイト

幸せに・・・してもらいなよ

某さる君が最近、秋なのに春だ。

めでたくもねたましい(ぉぃ
しかも岡山あたりでも春か…。

俺もそろそろ…ねえ?

筋肉痛

オフロードコースは甘くなかった…。

次の日(つまり今日)、全身筋肉痛なり。いたたた、痛い:

勢い

英彦山で盛り上がった男3人の野望は果てしなく、次の日も朝からオフなのであった。

ということで田川市にあるナショナルパーク福岡に行きました。

基礎練習やコースをみっちり走れて楽しかったです。
シメのお昼ご飯は、直方市のびっくり市内の食堂での石焼き
ビビンバ。500円とリーズナブル。なおかつ美味しかった。

ツーレポはこちら

気がつくと

英彦山にきてました。(ぉぃ

「はっ、ここは前にもみた光景だ!」
「先週もきたからね・・・」

というやりとりはありませんでしたが、何か不思議な感じ。

本日も新しい林道いって大満足。
やはり冒険心を刺激してくれるよ、林道は。
どこまでいけるのか?という根元な欲求が強いみたい、俺は。

しばらくはoffにはまりそうです(笑


ということで、ツーレポはこちら

携帯電話

新しいのいくらかとお店に聞いたら、4万円。
いまのケータイで十分です、はい。

しかし…4万かあ。

そんな金あったら俺は旅に出て、旅先から手紙を書きたい。
あなたへ向けて 想いをつらねて。

メールのようにはいかないのがまたおもしろい。

あなたへ

すこしすこし ふとした 瞬間

あなたのことを 思います

いつも 頑張ってるあなたのことを

あなたのことを 考えてる自分に

気づいたとき

すこし うれしくなりました

トランポのATが大不調;

ホーミー(別名イカスミ号)の調子がいまいち。

ATなので自動的に変速機が働くのだが、どうも悪くなっているようだ。

困ったなあ…。けど、新しい車買う余裕なんてこれっぽっちもないし。
こんど日産に問い合わせみようか。

メールと習字

今日は、いろいろメールを送りました。
最近、連絡してなかった人や連絡など。意外な人からの返信が速くて
すこしびっくりしてみたり^^

手紙では筆無精な俺ですが、メールにはしっかり返信します。

もともと硬筆って苦手なんです。かといって毛筆が得意ってわけでも
ないのですが。(どっちやねん

習字として毛筆は10年ぐらい教えてもらっていました。
近所のおばあさん先生にです。
とても厳しく時に優しく指導していただきました。

いまでも覚えていることは、「字にいきおいがあるわね。もっともっとのびのび書いてみなさい。もっとよくなるわよ」と、あきらかにバランスがおかしい俺の字をほめてくれたこと。

うれしかったなあ・・・厳しい先生だったけどなんとも言えない優しさを感じました。

先生といえば、あの人を思い出します。いい先生でした。合掌。

秋ですね

昼間ずっと現場、つまり外の作業をしていますので、季節の移り変わりには普通の人以上に敏感です。

やっと夏が終わったのがわかりました。
風の涼しさ、日ざしの柔らかさ。夏の攻撃的な雰囲気から落ち着いたものに移り変わっていました。

昔の人がいったように「暑さ寒さも彼岸まで」。
けだし名言です。

林道へ

本日は朝から、英彦山林道ツーリング。

まあ、くわしくはツーレポに(最近これ多い)

楽しかったです。

けど、英彦山の上がりでビックバイクが事故って、ガードレールに刺さっていました。 
事故は怖いですね。
みんな気を付けましょう~。

ツーレポはこちら

旅ゆけば独り

我が旅 それは一人で始まり 独りで終わるもの

旅の道連れは多いけど いつかはみんな

我が道を往く ああ 蒼い空に

白雲がたなびく その先になにがあるのか



と、上の文とは関係なく、阿蘇方面へ独り旅にいってきました。

目的は、「池尻の唐傘松」。あっと、ググっちゃ駄目だよ(笑
現地にいってこそ、得られるものがあるのだから。
自分の目でみて体験すること。
情報っていう化け物に支配されないでね。
○○した気になるってのが一番怖いのだから。

さて、僕は見に行けてとても満足しています。
もし絶対にいかないという方は、いつになるかわかりませんが、ツーレポに期待ということで(笑

というわけで、ツーレポは
こちら

台風どうなる?

昔、台風を楽しみにしていた時期があった。

空気の入れ換えしてくれるし、なにより非常時っていう緊張感が
とても好きだった。


しかし…。

自分の所に被害が降りかかってくると、こんなに大変なことはない。
当市の現状は、いつ土砂崩れしてもおかしくないリーチ状態なんだ。

心から願う。もうこれ以上自然の被害は増えて欲しくない。

本読み

陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず)陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず)
京極 夏彦

講談社 2003-08-09
売り上げランキング : 2,210
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


京極夏彦『陰摩羅鬼の瑕』(おんもらきのきず) 講談社ノベルス

を読了。いつもながらの引き込まれる設定と筆力。
だが、いつも以上に最初が取っつきにくかった。
けど、前半中頃から乗ってきて一気に読み終わった。

作品中の登場人物の台詞。

「世の中に不思議なことなどない」

深い言葉だ。世界と対峙するのはいつも自身なのだと、そしてあなたなのだと、思い直させてくれる言葉。忘れていけないだろう。

デジタルアーカイブ

前回書いた通り、過去の銀縁写真をデジタルアーカイブすることにした。

今回破格の値段で、受けてもらえることになって思い切って出すことにした。
16ベース画像で、100枚が1つのCD-Rに記録される。
そのCD-Rはコダック社のアマフォト規格に沿って取り込みをしてもらう。
1枚3800円(普段は13000円以上)で、なんと家にある過去のデータを全て出しました。


23枚になりました(自爆 

けど、これで大学の考古学研究室時代の画像から研究会での土器の写真(誰がみるんだ?)や、デジカメ導入以前のツーリング写真など、今となっては自分でもあんまりみない画像をデジタルデータとしてよみがえらせることができ有意義なことだと思われます。

まあ、値段の分だけ活躍してもらわんとな。

ひさびさのツーリング

本日、突発ながらツーリングをしてきました。阿蘇からなんと島原まで行ったおもしろツーリングになりました。

なかなか充実した旅になり、満足しています。
くわしくはツーレポで。

行って思ったことは・・・「とにかくがむしゃらにやるだけ」
これですな。

今日は疲れたのでこれまで。では~

日常

前日、どれほど旅により覚醒していても、日常は容赦なく俺を
振り替えさせる。日常という戦場へ。

「旅とは、緊張という日常に対する新たな緊張を与えることにより、
神経を強制的に弛緩させる効果を持つ」
と、今回の旅を通して俺が思った名言シリーズ(つづくのか?

スパロボ、志賀島、月の湯

朝いちに起床するものの、正確におきたのは昼過ぎ。
スパロボを少し進める。20面クリア。

夕方からさると会う。飯喰って志賀島へぶらりツーリング。帰ってきて
月の湯でまったり。

ひさびさにツーリングにいくことにした。
結構ハードなコースだ。
今日は早く寝よう。

図書購入

森博嗣の作品がマイブーム。

夏のレプリカ―REPLACEABLE SUMMER夏のレプリカ―REPLACEABLE SUMMER
森 博嗣

講談社 2000-11
売り上げランキング : 40,992
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今はもうない―SWITCH BACK今はもうない―SWITCH BACK
森 博嗣

講談社 2001-03
売り上げランキング : 56,364
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


数奇にして模型―NUMERICAL MODELS数奇にして模型―NUMERICAL MODELS
森 博嗣

講談社 2001-07
売り上げランキング : 42,785
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


有限と微小のパン―THE PERFECT OUTSIDER有限と微小のパン―THE PERFECT OUTSIDER
森 博嗣

講談社 2001-11
売り上げランキング : 27,949
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

と、S&Mシリーズを全巻かってしまった(笑
じっくりと読んでいこう。

しばらくぶりに第二次スーパーロボット大戦αをやる。
いまだに17面あたり。先は長い。

週末への疲れ

日常の疲れが慢性化している。

バイクに乗る気持ちも起きないぐらい、何かシンドイ。
だんだん凝り固まってくる筋肉と正比例する倦怠感。

気合いをいれんとやばいなあ。

Dr.コトー診療所

うーん。ひさびさにTVドラマをちゃんとみてしまいました。
時間帯が遅いからちゃんとみれたんだと思います。
10時からだったからね。

吉岡君のじれったい演技も原作との違いがあんまり大きいので、逆にあんまり気にしないでみることができました。
TVドラマとしてとても満足できました。

やっぱロケものがいいですね。

「島イキテー~!」

屋久島は最高だした。あれからもう4年かな。

光陰矢のごとし・・・(はぁ

会議

台風が近づいてるようです。天気予報にしたがって、今日は現場休みにしました。

しかし、ほとんど雨は降りませんでしたが。
外がなくとも内はあります。
夕方からの会議のため、一生懸命に資料作り。
招集するのが私なので、必然的に議事進行も私になった模様。
午後6時から9時まで胃がいたくなるようなプレッシャーのなかなんとか進行できました。

お疲れ様自分。また明日から仕事だ。

通院

定期検診。

検尿するためのトレイのドアを、全力で蹴るじいさん。
食事のあと、「しーしーくちゃくちゃ」と爪楊枝がうるさいばあさん。
売店でみんな一列にならんでるのに、横入りをしようとするおばさん。

なにか人生の縮図ってか掃き溜めを見た気がします。病院って。

読書の秋

引き続き、森博嗣さんのS&Mシリーズに夢中。
『封印再度』、『幻惑の死と使徒』を読破。
封印再度―WHO INSIDE封印再度―WHO INSIDE
森 博嗣

講談社 2000-03
売り上げランキング : 29,779
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


幻惑の死と使途―ILLUSION ACTS LIKE MAGIC幻惑の死と使途―ILLUSION ACTS LIKE MAGIC
森 博嗣

講談社 2000-11
売り上げランキング : 29,383
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



人にお勧めはしません。だって・・・こんなにおもしろいのを
人に教えるのはしゃくだから(笑

続かない

昼でした。(つまり寝坊で爆沈)

しょうがないので、本屋にいって本を買ってきます。
ついつい、森博嗣さんの文庫をまとめて購入。
「冷たい密室と博士たち」、「笑わない数学者」
「詩的私的ジャック」を買った。

早速「冷たい密室と博士たちを読みふける。
冷たい密室と博士たち冷たい密室と博士たち
森 博嗣

講談社 1999-03
売り上げランキング : 22,101
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


夕方には読了。おもろかったです。

笑わない数学者―MATHEMATICAL GOODBYE笑わない数学者―MATHEMATICAL GOODBYE
森 博嗣

講談社 1999-07
売り上げランキング : 22,099
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



詩的私的ジャック詩的私的ジャック
森 博嗣

講談社 1999-11
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


研究会

今日はひさびさの研究会出席。

中世都市研究会の分会(?にあたるのかなあ・・・とにかく、九州大会です。
福岡市早良区西新にある九大関連の施設で2日間にわたって行われるものです。

初日は午後1時からだったので、すこし遅れて到着。

発表を4本聞いて、お勉強。
まずは、博多のこと。次は、地名論、あとは五島列島のこと、対馬のこと。などなど。

夜は懇親会。その前に1時間ぐらいを職場の元先輩さんと歓談。
色々と指導してもらう。刺激を受けた。

懇親会はひさびさ会う人が多くておもしろかった。
6時から9時まで騒ぎまくった。

1次会で素直に帰った。あーつかれた。

弱いと強い

今日は現場は通常の半分の作業員で行いました。

考えてそうしたのですが、今週の暑さから考えがまとまらず、草刈りという手段に逃げました。

前に「駐車場の草刈りをしてもらうと助かる」といわれていたので、今日、行った次第です。昼から雲が多い天候に鳴って助かりました。

さすがに炎天下に行う作業ではないですからね(って発掘作業自体もそうだとは思いますが…)

夜は展示の打ち上げ。
しかし展示についての話はほとんどでませんでした。
飲み会なんて愚痴をいう所だと僕は理解していたのですが、愚痴をいうな、と言われて相手が酔ってることも加味して、話半分に受け取りました(意味違うよ意味)

人はだれかに話したい、理解してもらいたいと思う(願う?)弱さがあるけど、そんな弱さがない人間なんてたぶん魅了的ではないでしょうね。

溜息と幸せの定数

今日も現場は猛暑。9月なのに…。

けど、現場で焼き肉しました!(笑 
作業員のおばちゃんがた元気だわ。
しっかりと堪能させてもらいました♪

で、しっかり夜は残業地獄。

同じ時間かけるなら、効率よくしたいものだ。
はあ、しんど。

涙色

ほろり ほろり 涙色

君の涙は 涙色

何も 反射せず

頬を伝わる涙の色は

見てる人の こころの色

スチームナイト

連日の猛暑に耐えかねて、夜になったところで、いつもの電話。
Sを呼び出して、とりあえず風呂。

風呂あがりにバイクにまたがると、ちと夜風にあたりたくなった。
行くぜ、志賀島。乗りが悪い連中はおいてきぼり。

久々一人でいった。一人は2回目。いや3回目か。

深夜超特急。
島の環状線を、今日は右回りだ。
暗い闇の中をバイクの光が切り裂く。
高まる緊張。
きしむ筋肉。

風呂あがってきたはずなのに。
メッシュジャケット着てるのに。

いやに蒸し暑い夜だぜ。

島入り口の自動販売機前でしばらくたたずむと
打ち返す波の音がやけに大きく聞こえる。

ああ、そうだった。これなんだ。
これだよ。

リッターバイクの凶暴な加速感に身を任せて。
背景を自分の後ろに流していく快感。

ONとOFFしかない世界。
生と死が等価値な世界。

やけに蒸し暑いと思ったら、今日は夕立あったな。
雨上がりの夜風は、水蒸気まみれで、
とても暑苦しく。

空気を切り裂くように。おれはまた
加速するだけだ。