プロフィール

GAKU

Author:GAKU
バイクは、kawasakiZZR1200
クルマは、SUBARU OUTBACK

人生万事塞翁が馬の毎日です

リンク

このブログをリンクに追加する

Amazon

OUTBACK!!

レガシィブログリンク

ブログ内検索

カテゴリー

グラフ

最近の記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


■ ブログ名:心に通ずる道は胃を通る!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふくおか彩発見-筑紫野市五郎山古墳-

五郎山古墳(西から)


古墳の解説文


石室の奥壁にある壁画


ふくおか歴史彩発見の関連事業に参加してきました。

行った場所は、かなりご近所さんの筑紫野市五郎山古墳です。なんと国指定史跡です。つまり、それだけ貴重だという目安ですね。

ここは古墳の中でも珍しい装飾古墳なのが特徴です。装飾古墳とは、その名の通り古墳の石室の中を絵などで装飾している古墳です。有名な高松塚古墳もこの分類の範疇です。まあ、あれに比べるとずいぶん原始的な表現をする絵になるんですが。

さて、お恥ずかしい話ながら、この古墳を見学するのは初めてだったので、ちょっとわくわくしながらいきました。

古墳は独立した丘陵の南側に立地しており、眺望が良い場所に作られています。なので、平地からいっきに丘の上まで階段で駆け上がります。軽く汗だくになりますが、あがってみると眺めが良いので一息つけます。

実は、普段は簡単にはみることができない石室を今日明日は、ふくおか歴史彩発見イベントのおかげで見放題です。僕はそれに便乗した次第です。

さて、この五郎山古墳は、古墳時代後期(6世紀後半)に築造された円墳です。径約32m、高さ約5.5mで二段築成で横穴式石室の主体部を持ちます。

石室全面のコンクリート部屋からガラス越しに10mぐらい先の絵を見るのですが、それでも生の資料の迫力に感動しました。今日は空気が乾燥しているからちょっと見えにくいようです。解説してくれたO技師さんありがとうございます。お仕事ご苦労様でした。(他人事に思えなくて申し訳なかったです…)

スポンサーサイト

【文化財】太宰府市 幸ノ元井手堰と三浦潮井碑

20060929095758
200609290957572
20060929095757
表題の文化財は川に関係する遺跡で、水量を確保するための井堰です。時代は江戸時代から現代でつい数年前までは現役で稼動してましたが、大雨による洪水で崩壊してしまいました。その後、発掘調査をして江戸時代後期の井堰を検出しました。
太宰府天満宮の門前町の町割りに関係する重要な文化財です。場所は太宰府天満宮から宇美町に抜ける道沿いで双葉老人ホーム前にあります。